注文住宅の土地選び

注文住宅の土地選びは生活の利便性が重要

注文住宅を建てる際には、どのような建物を設計するかに注意が向きがちです。しかし住宅を建てる上で大切なことを忘れてはいけません。注文住宅は土地選びも重要なテーマの一つです。同じ構造の住宅を建てたとしても、場所によって暮らしやすさがずいぶんと違います。
土地選びでは、生活の利便性を意識しなければなりません。周辺に商業施設や公共機関が整っているかどうかは、注文住宅を建てるための土地選びで特に重視します。また駅や道路など、注文住宅を建てる予定の土地周辺の交通環境にも注意が必要です。郊外の土地は安い傾向にあってお得であるものの、一方で駅や幹線道路が遠いなど生活で不便に感じるケースもあるために注意が必要です。

土地選びのため災害や犯罪の発生率を調査

マイホームを建てる際の土地選びは、生活の安全性にも関わります。注文住宅を建てるための土地選びでは、できるだけ安全に暮らせる場所を厳選するのが重要なポイントです。選んだ土地によっては災害に見舞われやすい場所があることから、注意しなければなりません。
大雨の発生時には河川が氾濫し洪水が起こりやすい場所があるため、土地を選ぶ際に過去の災害発生率を下調べした方が無難です。また地域によって犯罪の発生率に違いがあります。できれば注文住宅を建てるための土地選びでは、犯罪が発生する確率の低い平穏な環境の場所を選ぶのが適しています。このように土地選び次第では、その後の注文住宅での生活における家族のリスクが大きく左右されます。

SE工法は高密度の集成材と接合部に金具を用いる工法です。建物全体で荷重を支える構造の為、耐震性に優れています。