注文住宅とインテリア

インテリアの設置スペースに配慮して注文住宅を設計

注文住宅の設計段階では、インテリアの存在も考慮に入れる必要があります。特に家の中の雰囲気に強いこだわりがある人は、インテリアの設置を想定しながら家の設計を行う必要があります。
インテリアに配慮した設計では、設置スペースを考えながら間取りを設計するとスムーズに部屋の装飾ができます。部屋にインテリアを置くためのスペースが確保されていないと、部屋をアレンジする選択肢が狭まってしまいます。特にお気に入りの大きなインテリアがある場合には、そのインテリアの大きさも考慮して注文住宅の間取りを設計するとうまくいきます。注文住宅の設計を担当する設計師とよく相談し、技術的やコスト面で可能かどうかよく話し合いながら検討を要します。

照明などのインテリアを意識した電気配線の設計施工

インテリアには、電気を必要とするものも数が多いです。例えば照明関連のインテリアは、電気で明かりを灯す構造の製品が現代では一般的です。それらのインテリアに電力を供給するためには、注文住宅の電気設備の設計や施工時に配慮が必要になります。
注文住宅の各部屋でコンセントや照明用のプラグをどこに設置するのか、設置の計画を立て十分に検討した方が失敗がありません。後から新たに電気工事を行わなければならない事になると、余計な費用が掛かってしまうため注意を要します。また注文住宅を建てる際に200v電圧工事を済ませていると、日本の一般的なインテリアとは異なり大きな電圧を必要とする海外のインテリアを設置する際に役立ちます。

設計事務所では、様々な要望に合わせて最適な建物をデザインしているため、こだわりを持った家づくりを行う際に大変役立ちます。